社会福祉法人 俊真会

霞ヶ浦を望む豊かな自然の中で自分らしくのびのびと

はすね・ライラックだより2021年12月号

 肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました。施設の窓から見える蓮田では、秋風に吹かれながら蓮の収穫と田んぼの手入れに忙しそうです。はすねでもレンコンチップスの製造が始まったり、作業の種類が増えたりと、毎日にぎやかに活動しています。寒くなってくると流行する感染症もありますので、引き続き体調に留意してまいります。(左の画像をクリックして頂くと、PDF形式のはすね・ライラックだより2021年12月号が表示されます。)

ミュージック・ケア初級研修が行われました

10月23、24日、11月13、14日の計4日間心理士、教師、介護士等様々な職種の方が参加してミュージック・ケア研修が行われました。
はすねとライラックの職員も参加し、学びを深めました。
毎月松本先生に来所していただき、ミュージック・ケアを行っていますが、研修に参加して改めて音楽の持つ力に感動し、今後の支援・指導に活かしていきたいと思いました。

鳴子工房こだかさ様より寄贈がありました

「鳴子工房こだかさ様」より、オリジナル鳴子の寄付を頂きました。
はすねで取り入れている音楽療法「ミュージック・ケア」では音楽に合わせて鳴子を使用しています。
頂いた鳴子を大切にたくさん使わせて頂き、音楽を通して自己表現する喜びが味わえるよう活動していきたいと思います。
鳴子工房こだかさ様、ありがとうございました。

フランス総合サービス株式会社様より寄贈がありました

フランス総合サービス株式会社様より、車イスの寄付を頂きました。
利用者様は車イスに座り作業や創作活動等、様々な活動に参加されています。
大切に使用させていただきます。
フランス総合サービス株式会社様、ありがとうございました。

はすね・ライラックだより2021年11月号

 肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました。施設の窓から見える蓮田では、秋風に吹かれながら蓮の収穫と田んぼの手入れに忙しそうです。はすねでもレンコンチップスの製造が始まったり、作業の種類が増えたりと、毎日にぎやかに活動しています。

寒くなってくると流行する感染症もありますので、引き続き体調に留意してまいります。

(左の画像をクリックして頂くと、PDF形式のはすね・ライラックだより2021年11月号が表示されます。)

はすね・ライラックだより2021年10月号

爽やかな秋風に乗って、真っ赤に色付いたアキアカネ(赤トンボ)が見られるようになりました。田んぼでは稲穂が黄金色に染まり「実りの秋」を感じさせる風景が広がっています。気温も湿度も落ち着き、過ごしやすい季節になりましたが、一方で、インフルエンザを始めとする感染症には特に気を付けなければいけない季節でもあります。新型コロナウィルス対策と合わせて、引き続き利用者様の健康管理・安全対策に取り組んでまいりたいと思います。

(左の画像をクリックして頂くと、PDF形式のはすね・ライラックだより2021年10月号が表示されます。)

はすね・ライラックだより2021年9月号

日中は夏と変わらないような暑い日もありますが、日が落ちるのも随分と早くなってきました。コロナウィルス感染症の感染者数は日々増加傾向にあり、8月20日の緊急事態宣言の発令と共に、改めて感染対策の大切さを感じています。夏の疲れも出やすい時期ですので、感染対策を行いながら、しっかりと栄養や休息をとって体調を整え、元気に過ごしたいと思います。

(左の画像をクリックして頂くと、PDF形式のはすね・ライラックだより2021年9月号が表示されます。)

はすね・ライラックだより2021年8月号

暑い、暑い夏がやってきました!セミの鳴き声、蓮田に花が咲き始め季節を感じます。8月は、夏祭りを予定しております。コロナ感染防止に十分な配慮を行いながら、夏のいい思い出が出来たらと思います。

まだまだ、暑い日が続きますので、しっかりと水分補給と休息をとりながら元気に過ごしましょう。

 

(左の画像をクリックして頂くと、PDF形式のはすね・ライラックだより2021年8月号が表示されます。)

公開情報

社会福祉法人俊真会

〒300-0024
茨城県土浦市田村町972番地
TEL:029-869-5500
FAX:029-869-5510

障害福祉サービス事業所多機能型「はすね」
障害福祉サービス事業所グループホーム「つばめ」
障害児通所支援事業所「ライラック」

アクセスカウンタ

  • 34今日の閲覧数:
  • 61昨日の閲覧数:
  • 52899総閲覧数:
  • 2020年4月11日カウント開始日: